スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 まるで嫁いびり・・・と生徒の作品ビクトリアンなクッション 

今日は、昨日と打って変っていいお天気、友人たちとBBQで楽しいひと時を過ごしました~。
ちょっと子ども会がらみでいやな事がたくさんあり、とても凹んでいます。
町内会長とその取り巻きは、私たちがやることなすこと気に入らないらしく、陰口をたたきます。
またそれを親切に耳に入れてくれる人もいます。
悪気はないのだろうけど、いくらなんでも私も凹むぐらいの内容を教えてくれます。
結局何をしてても陰口は消えないのです。
それはまるで嫁いびり!
自分の嫁をいびれよ!と言いたくなりますが、いびりたくてもいびれない人たちばかりです。
だって、誰一人長男が同居してないんだもん。余るぐらいの部屋があるお屋敷ばかりなのにね~。
なので我が町内は、老夫婦ばかりだよ~。長男はよそに家を建てているか、独身ばかり。
あんな家に嫁に入れないよ!
それなのに同居してたり、住んでる私たちの子どもたちを粗末に扱って!
明日の将来をになう子どもたちを大事にしてもらいたいのに。


ああーーーー
日ごろ温和なわたしもついここで発散してしまったぁぁぁぁぁ!!

もし、お姑さんにいびられたり、町内などにいびられたりした方、乗り越えた方、嫁いびりから逃れる方法があったら教えてください。
お願いします!



さて、気を取り直して、生徒のKさんが作ったビクトリアンなクッションをお届けします。
彼女はとてもロマンティックが大好きで選ぶ布もバラ柄やリボンやレースがツボのようです。

そんな彼女が通販で購入したという、シルク転写プリント。
娘さんがバレエをされてるらしく、こういった柄が大好きだそうです。
いらないカーテンのレースの部分を一部使ったりと、エコにも気を使ってるみたいです!
先日はいらないシーツをキルティングの捨て布に。。。アイディアですね。

P1020742.jpg

でも!
シルクって洗濯不可って書いてあったらしいの。
お洗濯できない?それともエマー○とかで洗えるのかしら!
ご存知の方いませんか?

あと、ホワイトキルトの図案を書いてみようかなぁと思っています。
生徒たちもキルティングの練習になりそう、って私の持ってる、図案を印刷された布を見てはため息。。。
でも、そんな大きいのよりは、手始めに50cmぐらいのを作ってみたい。。。
う~ん。
ホワイトキルトって書いたことないんだけど。。。見よう見まねで書いてみていいのかな。
図案はいろいろ本にも載っているけど、オリジナルっていうのを生みだすのは本当に難しいですね~。
ハワイアンのデザインなんて、とうていできそうもありません~~(笑)

お友達のひよりちゃんのプレゼント企画、ものすごい倍率だったみたいで見事に撃沈。
あーん、プレって当たったこと少ないんですよ~。
宝くじも。。。買わないと当たらないんだよね。いつも当たらないからお金をどぶに捨ててるもんだ、と買わなくなってきたの。
時々ナンバーズやスクラッチは楽しむけどね!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
ランキングに参加しています。
応援クリック、一日一回よろしくぅ(*^▽^*) 更新の励みになりま~~す★
blogram投票ボタン


スポンサーサイト
[ 2010/10/10 21:02 ] 生徒の作品たち | トラックバック(-) | CM(2)

 元気出してくださいね。

く~さん、お久しぶりです。ボリビアのnaomiです。
いつもキルト見させていただいているのですが、今日の記事になんだか胸が痛くなったので、コメントしています。
私が住んでいる日本人移住地は日本人ばかり800人弱が集まって暮らしているところで、みんな知り合い。昔の日本の村みたいなところです。
ここでも、年配の人たちが事あるごとに若い人を批判したり、けなしたり。「今の人は楽でいいわねー」が決まり文句です。昔、ボリビアに入植したときの苦労は私達には計り知れないけど、でも、今の若い人達が楽しているわけではないし、今は今の苦労や悩みがあるといつも思います。
女性だけではなく、男性も「今の若いもんは労働者を使って自分達は楽している」と二言目には言われていて、主人を見ていてもかわいそうになります。
何を言われても気にしなければ楽なのでしょうが、本当は年配の方々を敬える人でありたい、でも、素直に敬えない、そんな思いが自分を苦しくさせるのでしょうね。
みんなが誰に何を言われても気にしない社会になってしまうほうが、いびりだらけの社会よりよっぽど怖い。
く~さんが、「こんな事言われたけど気にしませーん」って書く方じゃなくてよかったって、思いました。
なんの解決にもなってないですね…。スミマセン…。
元気出して、家族やお友達を大事にされてくださいね。
[ 2010/10/14 04:58 ] [ 編集 ]

 naomiさんへ

こんにちは!
そちらでもあるんですね!
確かに小さな所帯のようなところではそうなのでしょうね。
私の町内も古く小さい町内なの。
古い人たちは、最近の若い者は、とか分譲して家を建てた人にはよそ者は、と言います。。。
自分たちもよそ者だった人さえも、そのことは忘れて新しい人たちをよそ者、と差別するんです。
おかしいよね~。。。

たしかに年配の方は敬わなくちゃいけないけれど、それ相応の態度をとってもらいたいなとおもいます。
こどもじゃないんだから。。
私も、うまく年をとっていけたらいいなと思います。
naomiさんもくじけずにがんばろうね~。応援してます。
[ 2010/10/15 11:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。